EN-メンバー

ENHYPEN ジョンウォン31のインタビュー内容・ネタバレ【 weverseマガジン】

こんにちは、shikaです!

 

WeverseマガジンでENHYPENたちのインタビューがスタート!

トップバッターは、リーダージョンウォン

 

I-LANDで感じたことやリーダーとしての想い、そしてENHYPENとして
これからどんなグループにしていきたいのか語ってくれました。

 

今回は、リーダージョンウォンの魅力をもっと知りたい方へ
ジョンウォンの魅力がぎゅっとつまったインタビューをご紹介します♡

 

ENHYPENリーダー:ジョンウォン

画像引用:Twitter

ENHYPENのリーダージョンウォン!

なんと、現在16歳の現役高校生なんです。

 

今年デビューした新人アイドルの中で、いちばん注目されているENHYPEN!
そのグループのリーダーとして選ばれたジョンウォンはどんなメンバーなんでしょうか?

 

 

ENHYPENのことをもっと詳しく知りたい方はこちら↓

 

ENHYPENジョンウォン31のインタビュー内容・ネタバレ

Weverseマガジンで公開されたジョンウォンに対する31のインタビュー
さっそくスタート!

 

ジョンウォンにとってアイドルとは?

 

ジョンウォン

 

アイドルはすべてにおいて上手くなければならないと思います。

 

 

 

ついにデビューを果たしましたが、どんな気持ちですか? 

 

ジョンウォン

 

私たちが音楽番組に出演して活動をたくさんするようになり、Youtubeやソーシャルメディアなどで私たちの映像がUPされて、MR除去映像も出てるじゃないですか。前は他のアイドル先輩方の映像が流れていたので、そこに私たちの顔が映るのでやっと実感が湧いてきました。

 

 

 

”I-LAND”が終わってすぐにデビューの準備で、大変でしたね。 

 

ジョンウォン

 

デビューまで時間があまりなかったので…絶対にデビューまでに何とかしてパフォーマンスを完璧に完成させるという気持ちがいちばん大きかったですね。

完成した後は、グループ全員で一致団結することに力を注ぎました

普通デビューするとなると、何年か一緒に練習してデビューするのが当たり前なんですが、私たちは1年も経たずにデビューしているので。

 

 

 

その分、かなり努力したのではないでしょうか。

 

ジョンウォン

 

Given-Taken“は特に力を注いでいます。
”Let Me in”も半端ないくらい練習しましたが、”Given-Taken”には及びません。

 

 

 

デビューショーで特におもしろかったり、没頭したステージはありますか?

 

ジョンウォン

 

“Let Me in”の曲自体が明るい雰囲気で、飛ぶ動作などもたくさんあったので
いちばん楽しんでできたのではないかと思います。

 

 

 

”Given-Taken”振り付けでは、どんなところを強調したいと思いましたか?

 

ジョンウォン

 

ニキさんがダンスほんとに上手じゃないですか?それで、ニキさんをお手本にして真似しながら、自分らしさも少し含めました。

基本の振り付けから離れすぎると、動作のディテールが変わってしまうので
顔の角度を変えるくらいにしてみたりと調節しました。

Given-Takenでは、頭を下げすぎると睨みつけるようになってしまうので
そういう部分は注意するようにしています。

 

Given-Taken “ジョンウォンVer”


出典元:Youtube(ENHYPEN公式

 

I-LANDの最後のエピソードでロールモデルのBTSジョングクさんが
「とても上手で、記憶に残っている」と褒められたことがありますよね。

デビューショーでの「Given-Taken」「Let Me in」「10months」「Flicker」はそれぞれ違う雰囲気ですが、各コンセプトに合わせてステージを作り上げるためにかなり頑張ったのではと思います。

 

ジョンウォン

 

表情を作るのが上手いメンバーもいるのですが、私は全然なので区間ごとに整理して挟む練習をしてきました。

アイドルはすべてにおいて上手くないといけないと思っていて、
バランス良く上手くなるのがポイントじゃないかと思うんです。

ジョングク先輩をロールモデルと決めたのも、すべてにおいて上手だからです。
ステージでとても余裕があるじゃないですか。そんな余裕な表情や強さをたくさん参考にしています。

 

特に余裕のあるステージは、”Boy With Luv
強さが感じられるステージは”ON
少し前にされたソロステージ”My Time

これらのステージを参考にしていました。

 

 

 

”ON”のようなステージをしたいという願望がありそうですね。

 

ジョンウォン

 

確かに”ON”みたいなハードパフォーマンスもやってみたいですね。

”I-LAND”の最後のテストでも、少し期待していました。
まさにパフォーマンス的なところを期待していたんです。
でも最後のステージも良かったと思っています。

 

 

 

”Given-Taken”のミュージックビデオ撮影で「表情の演技」をするのはどうでしたか?初めのシーンで鼻血を流しますよね。

 

ジョンウォン

 

鼻血を拭くシーンは難しくなかったのですが、撮影現場がとても寒くて鼻血(のような液体)をいくら入れても、すぐに凍ってしまって
それで約1時間ほど撮影したのが大変でした。

あと、鼻血を流してすぐに吹くと、それが醜くみえるのではないかととても心配でしたね。

 

Given-Taken MV


出典元:Youtube(BE:LIFT

 

ミュージックビデオの内容の中で、ホラー要素がある部分ですが、撮影現場の雰囲気はどうでしたか?

 

ジョンウォン

 

撮影現場は凄く寒かったですし、小道具の中に目玉や牙もあったんですが、実は全部グミなんです。

そして、私たちお互いに見つめ合うシーンがあるのですが、笑ってしまってNGの連発でした。首を噛まれるシーンでも、笑いすぎてしまってNGを何度か出してしまいました。

 

 

 

VliveなどENHYPENの映像を見ると、周りをとてもよく観察していて気を配っていますよね。観察力が優れていることはリーダーにとってどう役立ちますか?

 

ジョンウォン

 

私たちグループとして何かイシューがある場合もありますが、みんなは分からない状態でメンバー2人だけで個人的にいざこざがあったとしたら2人が気を悪くするだけじゃなくて、現場の雰囲気もさらに悪くなるじゃないですか?

なので、そういうことに気づいて解決するとき役立つと思います。
まだ自分の性格では、気軽にいってあげられない性格なので直そうとしているところです

 

 

 

リーダーという立場でこれは話したほうが良いのか?話さないほうが良いのか悩みますね。

 

ジョンウォン

 

そのことに関しても私たちで決めたのですが、現場ですぐに和解できない場合は、まずは仕事に集中して、仕事が終わってから寮で話し合うということになりました。

 

 

 

リーダー選抜過程でもたくさんのテストがあったと聞きましたが。

 

ジョンウォン

 

ENHYPEN&Hiに出た会議の前日まで、実はみんなヒスンさんがリーダーだと思っていたんです。ですが、ヒスンさんに寝る前呼び出されて、私にリーダーをしてほしいと言われて…

ヒスンさんいわく、自分はグループのメンバーとして、最年長のヒョンとしていた方がいいと。最年長でリーダーまで任されてしまうと、自分の意見を無意識に伝えられなくなるかもしれないと。

 

 

 

ヒスンさんから聞いた話やアドバイスなどはありますか?

 

ジョンウォン

 

実はヒスンさんも「I-LAND」でリーダーをしていた時、プレッシャーがすごい大きかっと言われていて、そういうことを経験しているので私にはプレッシャーはあまり感じないでほしいと言ってくれました

あとこれはついでの話ですが、何か知ってることがあれば、もっと知っているふりをした方が、メンバーたちは信頼するという裏技?も教えてくれました。

 

 

 

メンバーたちではなく、自分自身のケアはどうしていますか?

 

ジョンウォン

 

ストレスを受けやすい方ではないですが、受ける時はまとめて大きく受けるタイプなんです。そんな時はヒスンさんと2人でよく話し合います。

ヒスンさんがよく気づくタイプ。全部察知して整理して話してくれるんです
それで、困っていることや最近どうなのかとか、どう解決したらいいのかも共有して話しています。

 

 

 

どんなリーダーになりたいかという質問に、身近なリーダーになりたいと話していましたよね。自由に意見が言える場をいちばん大事にする理由は何ですか?

 

ジョンウォン

 

I-LANDの時から感じていたことなのですが、心の中でだけ考えていても結局満足できない結果になるので、最大限みんなの意見を取り入れていくのがベストだと考えています。

そして、これから長い時間を共にする仲間なので、全員一緒の気持ちで進んでいくのが正しいと思うので、コミュニケーションは何よりも大事だと思います。

それで、私たちでその日あったことや解決しないといけないことは無条件話し合って解決しようって決めたんです。週に3~4回ほど、スケジュール後に寮で話し合いの場を持つようにしています。

 

リーダージョンウォン

画像引用:Twitter

 

”I-LAND”でリードする方法だけでなく、たくさんのことを学んで成長されたと思います。実力に対する評価を受ければ、挫折せずにどうしたらもっと上手くなる方法を模索していましたね。

 

ジョンウォン

 

もともと優先順位は「ダンス」「ボーカル」そして「ライブ練習」なんですが、評価が入ればその評価を第1優先順位に変えて、その評価の部分を集中して練習していました。

 

 

 

そうやって評価を受けて練習しながら、短い時間でたくさん成長できたと感じる時はどんな時でしたか?

 

ジョンウォン

 

これは未公開の情報ですが、”I-LAND”映像を見ていない時もかなりたくさん指摘を受けていたんです。パート1の4回目ステージを終えるまで直せなかったのですが、パート2が始まる前にアイドル先輩方のステージや表情などを調べて真似する練習をしたら、パート2の最初のテストで成長したすがたを見せることができ、自分少し成長したなって感じました。

 

 

 

メンバーたちが”ENHYPEN&Hi”で、良くないことが起こった時にも平常心でいられるメンバーとしてジョンウォンさんを選びましたね。
平常心を保つための自分だけの秘訣はあったりしますか?

 

ジョンウォン

 

かなり大きくダメージを受けた時は保つのが難しいですが
大体は、無視しています。なぜなら、問題があるところには解決策も必ずあると信じているからです。解決策だけ考えて、問題に対してはあまり触れないようにするのが秘訣なのかもしれません。

”I-LAND”でも問題の部分はすべて無視して、解決策に集中したことが今に生きているのではないかなと思います。

 

 

そう考えることは生まれながらそう考えていましたか?それとも”I-LAND”というプログラムを通して変わったのですか?

 

ジョンウォン

 

以前は人見知りがひどくて、感情表現もあまりしなかったので
ストレスをたくさん受ける方でした。
でも、”I-LAND”を通して、ストレスを忘れる方法をある程度学べたのではないかと思っています。

”I-LAND”では、PDの方から「早く寝なさい。」と言われるほど寝るのも忘れてヒョンたちと話していましたね。練習が夜中の2時に終わって、次の日10時に起床なのに朝方6時まで話してたりとか

みんな不安がっていて、しょっちゅう話したことで、マインドコントロールできていたのかもしれません。

 

 

デビュー前にテッコンドーをされていましたよね?

 

ジョンウォン

 

私が幼稚園の頃あまりにも引っ込み思案だったそうで、お遊戯会などをすると何もせずにじーっとしていたそうです。

そんな私を心配した母が社会性を育てようとはじめさせたのですが、社会性には有効はなかったようです。

でも、テッコンドーを音楽に合わせてやってみたりしたことが、活動にかなり役立ったと思っています。

 

 

 

キョルギの選手だったそうですね!

 

ジョンウォン

 

テッコンドーを始めた当時は知らない人ばかりで、やりたくなかったのですが、やり始めるとおもしろくて選手として出場することになりました。初めての大会で相手が国家代表でK.O負けしたんですが、その時とても怖かったのを覚えています。

 

 

 

選手と練習生の生活をしていたということで、学校生活で残念に思うことも多々ありますよね。

 

ジョンウォン

 

中学生の頃は早退を何度もして、修学旅行に行けなかったことがいちばん心残りですね。そして、早退してから帰ってきて昼ご飯を食べなくてはいけなくて。毎回祖母に作ってもらっていました。

 

 

 

祖母の方とは特別な関係だそうですが、おばあさまと同居しながら影響を受けたことはありますか?

 

ジョンウォン

 

生活習慣では、ベットの上に上がるときは靴下を脱いで上がりますね。

 

 

 

リーダーのすがたを拝見すると大人っぽい性格のようですが、自分が満16歳だと自覚する瞬間はありますか?

 

ジョンウォン

 

ジェイクさんが私に対して「とっても可愛い♡」と言ってくれるんですが、その瞬間かなと。年上のヒョンたちに可愛いってストレートに言ってもらえることなんてほとんどないですし、特にソンフンさんはいちばん言わないタイプ。
そんなソンフンさんから言われたら自覚しますね。

 

 

 

ヒョンたちが可愛いと言ってくれる時は負担がなくなりますね。

 

ジョンウォン

 

寮でいるときや寝るときに気分がいいと、みんな自分の年齢に合った騒ぎ方をしますね。それで、退勤するときや寝るときがいちばんテンションが高くて面白いです。

 

 

 

そんなメンバーたちと、どんなグループになっていきたいですか?ジョンウォンさんが考える最高のグループとはどんなすがたですか?

 

ジョンウォン

 

お互いにグループを思いやることです。
セブンティーンの先輩方が、ある特定のメンバーにだけ合わせるのよりも
グループに合わせていった方がいいとおっしゃっていたからです。

合わせていくと、自分がしたくないこともするようになるので
ゆくゆくは、私たち全員がしたいことをしていくのが最高のグループなのではないかと思います。

 

 

 

ジョンウォンさんは個人的にどんな姿になっていたいですか?
”I-LAND”のさいごで誇らしいジョンウォンになると言われていますが。

 

ジョンウォン

 

最近は上手いグループがたくさんいるので、実力で勝負して
もっと優れたグループになったらファンたちももっと自負心を持って好きになってくれると思います。

そうなれば自分に対して誇らしいと感じるのではないかと思います。

 

 

 

Weverseが12月2日にメンテナンスをすると聞いて驚きました。それほどふぁんたちと頻繁にコミュニケーションを取っていて、特別な想いがあるようですね。

なのに、このような状況で合えないのが本当に残念ですよね?

 

ジョンウォン

 

「I-LAND」のときから会えずに残念な気持ちでいっぱいでしたが、それでも結果的には会えると信じています

この間もある番組の関係者の方が【ENGENE】だと言ってくださって。
たまにこんな風に会えるのも嬉しいです

 

 

 

では、今いちばんファンの皆さんに伝えたいことはありますか?

 

ジョンウォン

 

今一番望んでいるのは、ファンの皆さんの前で直接公演をすることです。そして、私だけでなくENHYPEN全員が本当にたくさんコミュニケーションを取りたいと思っていて、頻繁にSNSをしています。

この気持ちが伝われば嬉しいです♡

 

ジョンウォンの動画インタビューはこちら>

 

 

 

ジョンウォンにとってENGENEとは?

 

大変な時にENGENEたちの手紙が心の支えになっています。
ENGENEは私にとって、エネルギー・原動力です♡

 

ENHYPENたちのインタビュー

ENHYPENたちのデビューインタビューはこちら↓

 

 

ENHYPENたちがビルボードのインタビューで

20の質問について語ってくれています。

このインタビューでもイプニたちの魅力がたくさん知れます♡

ABOUT ME
shika
ENHYPENが大好きな大人ENGENE♪ 楽しく応援したい方へ ENHYPENの魅力がたっぷり詰まった情報をお届けします。 韓国に10年住んでた経験を活かして日本語訳もしています。 疑問,質問やファンレターの添削も気軽に声かけくださいね!